プロフィール

 

サイト管理人のコニーと申します。

 

コニーの自己紹介

名前:コニー

年齢:40歳(1児のパパ)

出身・所在地:神奈川県 湘南ボーイ

趣味:子供と遊ぶこと、掃除、ボディーボード、サーキット走行、美味しいもの食べ歩き

夢:脱サラして家族と楽しく過ごせる時間と生活が出来るだけのお金

 

このサイトでは、40代の父親コニーが、2歳子育ての育児で体験している失敗談、不安、悩み、解決した方法などをご紹介していきます。

 

・子供が生まれてから育児が出来るのかな?

・育児の分担はどのようにすればいいのかな?

・父親として、母親として子供との接し方はどうすればいいのかな?

 

嬉しさの反面、戸惑いはつきもの

 

子供が生まれ家族が増えるのってメチャクチャ嬉しい、楽しい、ハッピーですよね。

 

でもその反面、初めての子供が生まれて、戸惑うことは沢山あると思います。

 

子供の事で夫婦喧嘩をすることもあります。

夫婦で悩んでも、なかなか解決しない事もあります。

誰かに愚痴りたいこともあります。

 

ときには子供が泣き止まずに、言葉も通じなければ如何したらいいのか分からず、イライラする事もあります。

 

でも、子供の笑顔や寝顔を見ると癒されますよね。

 

ちなみに、コニーは奥さんから心配性と言われるぐらいですので、子供が産まれる前から不安で、不安で一杯でした。

 

その点、奥さんは肝が据わっているのか、単に心配をしなさすぎなのか、わかりませんが、堂々としていました。

 

産まれる前、そして生まれてから

 

 

さかのぼること、約2年前の話です・・・

 

会社から帰宅する際、最寄り駅から自宅まで自転車を利用しています。

帰り道は登り坂があるため、自宅に着くとハァハァと息が上がってしまいます。

 

家に上がり、息が上がっている最中に行き成り奥さんから、

「今日、産婦人科に行ったら、妊娠していたよ」と言われました。

息が上がっているため、「よ・良かったハァハァ・・・」

「も・もう少し、落ち着いた時か、ゆ・夕飯の最中にでも言って欲しかったハァハァ・・・」

 

笑いながら奥さんに言ったことが、今となっては懐かしい笑い話になっています。

 

 

そこから生まれるまで、本屋に行って人名事典を買って子供の名前を考えたり、

奥さんが妊娠中に自転車に乗って最寄り駅に行くことで、喧嘩になったことや、

西松屋に行ってどんな服が似合うか、子供服をウキウキしながら買い物に行ったりしました。

 

生まれて間もなくして、子供の顔に白いブツブツが出来て、アタフタしたり、

初めて子供をお風呂に入れたら大泣きされ、へこんだりorz

 

子供が産まれると行事ごとがあります。

 

出産のお祝いを頂いたのでそのお返しをしたり、

歯固めのお祝いをするのに、そもそも歯固めって何?と思い色々調べたり、

初節句はどの様にやれば良いのか?など例を挙げたらキリがありません。

 

自分が子供をもつ親となり始めて、自分を育ててくれた両親に随分と今までわがままを言ってしまったことや、育ててくれた感謝の気持ちが湧きました。

 

産まれる前も生まれてからの育児も大変ですが楽しいことも沢山あります。

 

父親として、母親として

 

これからのお子さんを産もうと頑張っているパパさん、ママさん。

お子さんが生まれ育児をしているパパさん、ママさん。

少しでもコニーの実体験がお役に立てるお話ができればと思い「育児」に関するブログを始めました。

 

父親から見た子供、奥さんへの視点や意見をご紹介していきます。

その反対の母親からの視点では、奥さんに意見を聞いていきます。

一人で悩むより、みんなで育児に関する情報を共有できれば、楽しい育児が出来ると信じています。

 

出産前、出産後の育児の参考にして下されば幸いです。

 

最後までページをご覧いただきましてありがとうございました。

 

どうぞ、宜しくお願い致します。

 

2017/11/18