子育て実践記

育児を父親は本で学ぶべき?40代のつぶやき

2019/02/06

 

育児なんて経験がないから想像もできない。

男は仕事をしている時間が多いからなおさらわからない。

育児をしたいとは思っていても体がついてこない。

 

 

「子育て」は、いろいろな理由があるにしても、やはり夫婦の共同活動である。

実際に興味関心の度合いは、各個人により大きく差があります。

そして、関心があったからと言っても、全てが上手くいくとも限らない。

父親は、実際に興味や関心が強すぎて、口出しや干渉という印象が強く、奥さんである母親には、それが伝わってしまうケースもあるのです。

 

父親の育児での様々な悩みについても、ご紹介しています。

あなたの気になる情報があれば、あわせて御覧ください。

育児里帰り父親

育児で里帰り父親はこれだけやれば大丈夫!

父親育児嫌い

父親が育児で嫌いになるポイントはこれ!

父親育児残業

父親は育児と残業どちらを優先するべきか?子育て3年目の体験談

育児父親イライラ

育児は父親をイライラさせる理由と対処法を公開!

父親育児おもちゃ

父親は育児でおもちゃを買うな?理由を聞いて納得!

育児父親スマホ

育児で父親がスマホを使って子供と遊ぶのは問題あり!

父親育児しつけ

父親は育児のしつけに責務が伴う!2児体験談

育児父親転職

育児で父親は転職するべきか否か?

父親が育児で後悔しない子育て方法|40代育児体験記

父親でも育児でなぜ自覚の違いがでるのか? 40代子育て体験談

父親が育児で相談するなら迷わずココ!2児子育て体験談

育児での父親の役割は何か?パパが子育てをするメリットを公開

育児で父親がめんどくさいと思う時はどんなときか?

父親は育児ができない?それとも参加する気がないのか

父親の育児でハラスメントが起きている?パタハラ対処法を公開

育児で父親の割合は必要なのか?ムリなく参加する方法を教えます

父親の育児での愚痴を聞いてください

育児父親関わり方

父親に育児の関わり方を教えれば子育てに参加する?

育児で父親がうつ病にならない対処法!2児の子育て体験記

父親が育児に参加しない理由を大公開!2児の子育て体験記

育児で疲れた父親たちの愚痴や悩みを聞いてよ!

育児で父親は悩みを抱えている事を知っていますか?40代子育て体験談

乳児の育児は父親を幸せにしてくれる!喜びを感じよう

育児と父親の趣味どちらを優先しますか?子供がいても遊びたい!

父親が育児と家事を実際にやってみた|ポイントはこれ!2児体験談

育児父親心構え

育児は父親の心構えで決まる!2児の子育て実践記

子供は父親を育児で成長させてくれる?2児の子育て実践記

育児で父親があるあると思うネタを紹介します!2児子育て体験記

育児で父親が支援してもらいたいことはコレ!2児子育て体験談

新生児のために父親が育児で出来ることを教えます!2児子育て実践記

父親が育児に無関心の典型例はこれだ!

育児を父親が限界までやると見えてくるものがある!

父親は育児を比較しても不安が募るのでやめるべきだ?

育児で父親はサポート役に徹するべき理由|実践記

父親は育児の難しさを母親と子供から教わろう!気楽に楽しく子育て

育児に父親が参加とダメ出しは違う?

育児で父親ができることと、やるべきことは違う!2歳児体験記

育児父親いらない

育児に父親はいらないと言える母の強さ

育児で父親と母親の違いが出るのはなぜ?考えの違い

父親の育児に口出しする時の伝え方|1児のパパのつぶやき聞いて

育児を父親は本で学ぶべき?40代のつぶやき

父親が育児で食事を子供に食べさせるポイントはこれ!2歳児体験談

父親の育児はオムツ交換から?40代実践記

父親が育児しないのは非常識?仕事疲れは通用しない?

父親が育児で叱るタイミングはいつか?(2歳児実践記)

父親は育児と仕事を両立できるのか?40代の葛藤を実話で大公開

父親育児学級

父親は育児学級に行くべきか?1児パパ体験記

育児でお風呂は父親?いつから母へ?(子育て実践記)

育児で父親の疎外感の原因と対策法40代体験記

父親の育児はどこまで参加?40代実践記

父親の育児協力は何をする?2歳子育て実践記

自転車保険に未加入は危険!子供と家族そして自分を守ろう

オムツのサンプル品を無料で入手する方法を大公開!

乳児用液体ミルクが解禁された!日本で販売されている?購入先を公開

体温計のテルモとオムロンを比較してみた!レビューが大事育児体験談

 

育児での夫婦関係や妻についても、ご紹介しています。

父親育児妻

父親は育児で妻にコレをして上げると喜ぶ!

父親の育児に不満を持つ妻への対策!パパの目線で大公開

育児で父親が共働きのとき妻とのトラブル注意点(2歳児実践記)

専業主婦は父親の育児に怒っている!

父親の育児放棄は妻が決める?離婚も考える女性の悩み

父親の育児はつらいと妻に教えたい!40代子育て体験記

育児で父親が使えないと妻から思われている理由!夫は存在価値ナシ?

育児をする父親の大変さを妻にも知ってほしい!40代子育て体験記

父親の育児での発言に妻はイライラしている?

育児を父親が体験した失敗談や感想を公開!妻のワンオペ苦労を味わう

産後父親育児

産後に父親が育児でやるべきことは妻への精神的なサポート!

育児で父親もストレスが溜まることを妻にも知ってほしい!

育児を父親に自覚させるには妻の行動次第で夫が動く方法を大公開!

育児と父親の飲み会に奥さんは怒り心頭!母親の本音を公開

父親が育児でサポートするのは子供より母親?奥さんの本音を聞いた

父親が育児に積極的に参加するかは奥さん次第?

育児を父親がいいとこ取りをすると奥さんに怒られる?

育児を父親は手伝いと発言するのは夫婦喧嘩のもと

父親は育児をすると夫婦関係が悪くなる?産後クライシスを良好にする

育児を父親不在でワンオペしている母親の不満を知っていますか?

 

育児での時間や休日の使い方についても、ご紹介しています。

育児父親自分の時間

育児をする父親は自分の時間がない!40代も休日は自由に過ごしたい

父親も育児がしたいが時間がない実情も知ってほしい!

育児と父親の遅い帰宅には関係性があるフラリーマン(子育て実践記)

父親の育児時間に目安なんて無駄!

育児を父親が平日できるのか?(2歳児実践記)

育児で父親は休日何をする?(40代実践記)

父親の土日は育児で終わる?休みぐらい自由に過ごしたい!

父親が家事や育児に時間を確保できない理由を統計をもとに紹介!

 

育児での夜泣きや寝不足についても、ご紹介しています。

育児父親夜泣き

育児で父親が夜泣きで苦労しない安眠方法を公開!

育児で父親が寝不足にならないポイント体験談

育児で父親でも寝かしつけが簡単にできる方法(子育て実践記)

赤ちゃんも新生児も寝かしつける!簡単に誰でもできる方法を大公開

 

3歳児の子育てについても、ご紹介しています。

3歳育児父親

3歳まで育児をした父親の感想と失敗談!

3歳児が父親を叩く理由と対処法を紹介!40代育児体験談

3歳児の叱り方で父親の悩みと役割を解説!40代育児体験談

父親に3歳児の接し方のポイントを紹介!40代育児実践記

3歳から父親を嫌いになる理由と対処法を公開!40代育児実践記

父親になつかない3歳の子供は親が悪い?40代育児体験記

3歳児と父親が遊びで困らない対処法!40代育児体験記

三歳児検診に父親が子供を連れて行く!体験談と感想を公開

娘の育児で父親の役割と悩んだことを大公開!

父親の育児とは?実践記

 

私のサイトは、父親の育児について、今まさに実践している事を通じて、これから育児をする父親の多くの方に参考にして頂きたく、関連する情報や対策をご紹介しています。

 

育児を父親は本で学ぶべき?40代のつぶやきについて、このページをご覧いただきありがとうございます。

 

サイト管理人コニーと申します。

 

この記事では、父親が育児を本で学ぶべきかという考え方について、私の体験をご紹介していきます。

 

父親は育児本を買わない方がいいと思う!

父親の育児本は精神安定剤に過ぎない

父親に育児本を買うよりおすすめの学び方

 

実際に自分が何をするのか、どうするのか、どうすべきなのか?

こうした学びを、何から吸収すれば良いのか?

あなたの目の前の現実を、想像しながらご覧ください。

 

父親は育児本を買わない方がいいと思う!

育児父親本

 

書店やコンビニに行くと、子供に対する接し方や育児に大切な教育、しつけなどの本は多数出版されている。

しかし、こうした本の価値はどうなのか・・・

疑問に思いませんか?

私が、実際に育児に関わったからこそ感じたことを、ご紹介していきます。

 

父親の育児本はまさに理想郷?

確かに育児本に書かれている内容はいいこともあると思いました。

しかし、現代社会におけるステータスの違いが、顕著に見えてきた気がするのです。

いくら育児本を探していても、なかなか出てこないシーンはいくつもあります。

 

例えば、出張続きや単身赴任者の対応方法。

私は月に、何回かの出張を要するような予定があります。

自営業の方の場合は、特に休みもあまり決めず、顧客からの依頼があれば、仕事に行っている人も少なくないと思います。

 

こうした中で、本に書かれた通りの家で対応ができるのか?

正直、私にとっては読んだ瞬間、日常生活でこんなに時間に余裕がある人なんているのか?

こうした印象の方が、強くなってしまったのです。

あなたの状況にあった育児の価値ではなく、本の中に繰り広げられるシチュエーションと現実のギャップ。

こう考えていくと、なぜか本を読んでも役立ったという感覚は薄い方も、決して少なくないと思うのです。

 

父親の育児本は精神安定剤に過ぎない

育児父親本

 

そもそも、父親が育児本を買って読む暇があるのだろうか?

仮にその本を読み、その通りに子育てや家事を家の中でするでしょうか?

自分の親の時代は育児書が自宅にあり、困ったときに読んでいたかも知れない。

しかし、現在はインターネットの普及により、自分が知りたい情報はスマホ片手に調べることができます。

 

どんな、育児本も100%自分の子供や家庭と一致することはありません。

例えば本に、何か月から寝返りや、ハイハイができるようになるなどが書かれている。

本に書かれている様に、規則正しく子供が成長して行動してくれれば、子育ては苦労はしません。

それに、本の通りに子供は成長してくれません。

 

本に助けられることもあれば、本の通りに行かないことに親はイライラしたり、自分の子育ては正しいのかと自信暗鬼になってしまこともある。

子供の成長はひとりひとり違い、早い子もいれば遅い子もいます。

親が思い描くようには子供は成長してくれません、親が焦ってもどうにかできる訳ではありません。

 

育児書にしてもネットの情報にしても何でも鵜呑みにするのは危険です。

自分が得た情報が正しいかを選択して自己責任であることを認識しましょう。

育児本はどちらかと言うと、自分の子育てが正しいことを確認するための精神安定剤に近い役割があるのではないでしょうか?

 

父親が育児本を賢く活用する方法

育児父親本

 

育児本に頼りすぎて、自身の思い描く子育てができないことは勿体ないです。

それでは、どの様にして育児本を使えば良いのか?

 

育児本を賢く使う活用術をご紹介します。

・あまり見すぎない
・わからない時だけ参考にする
・情報を鵜呑みにしない
・あくまでも一般論として参考にする程度にとどめておく
・本を読んでイライラするぐらいなら捨てる
・精神的に落ち着く自分と相性がいい本を探す
・専門家や先生が言う事は、その人が考える子育て論だと思え

 

父親が育児本を買うなら妻に離乳食の本をプレゼントしよう

育児父親本

 

子供が生まれ6ヵ月位を過ぎたころから、離乳食を食べ始めます。

離乳食をスーパーで購入して食べさせることもできますが、妻は子供に手造りの離乳食を食べさたいと思っています。

子供のことを考え栄養が偏ることなく肉や魚や野菜と色々と組み合わせ考え作ります。

美味しく食べてもらうために妻も頑張るが、初めて離乳食作りに戸惑ったり、レシピも豊富ではありません。

 

そんな離乳食作りを頑張る妻に、プレゼントして喜ばれるのは離乳食の本です。

離乳食のスタートから卒業までや、献立例のレシピが多数掲載されています。

月齢別の進め方や育児で時間がない妻でも時短で簡単にできレシピが豊富に掲載されています。

父親が育児本を買うなら離乳食の本を妻にプレゼントしてみてはどうでしょうか?

 

父親に育児本を買うよりおすすめの学び方

育児父親本

 

では、育児を本以外で、父親が学ぶ実践的な方法はあるのだろうか?

この点について、ご紹介していきます。

 

父親の育児本よりも役立った体験

実際に私が自分の人生の中で、役に立ったと感じる育児に関する教育は、会社の仲間でした。

 

同じような仕事をしている。

同じような収入を持つ。

同じような年の子の子育てをしている。

 

このように共通点があると、実際に家族の考え方や個人の考え方が違ったとしても、自分と同じような環境の人が考える理想と現実の悩みを肌で感じることが出来たのです。

相手の素晴らしいと思う考え方。

全く価値観が違う中で、同世代の親同士が意見を交わすシーン。

こうした時間が、自分の子育てについて、新たな発見や想像力を高める事につながっていったのです。

 

父親の育児は本と現実は違う!

育児父親本

 

あくまでも、現実の社会における時代の変化は、本にはほとんど載っていない。

本はあくまでも昔の時代を照らし合わせて、時間をかけて世に出されている。

育児本の著者が年配の場合、現代の育児世代とジェネレーションギャップを感じることがある。

推理小説などとは違い、やはり価値観、学歴の価値、資格の価値なども時代で大きく変わってきているのが、最近の流れでもわかる。

東京オリンピック開催前と後では、考え方も子育てに必要な学費なども変わってくるかもしれない。

 

だとすれば、あくまでも育児の本というのは、家庭の医学みたいな対策や万が一のヘルプには使えても、リアルな子育ての時間やニーズにはなかなか適用しないことも多いのかもしれない。

やはり、子育てはその時代の同世代の子供を子育てしているパパやママに聞くのが現実的で自分たちの家族も当てはまりやすい。

本を買うお金があったら、子供達のちょっとしたおやつを買う時間に使う。

こんな考え方はどうでしょうか?

 

まとめ

育児父親本

 

現在社会では、仕事への取組みや家族構成、育児に関する考え方が家族ごとに多様化しています。

多様化している家族に対する育児では、本から学べるのは表面的な事柄で、自身の家族にピッタリ当てはまる事例は少ないです。

例え、自分を育ててくれた親に育児に関して聞いても、現在社会とはマッチしないのではないでしょうか?

それなら、同じ環境に置かれている職場の先輩、同僚、学生時代の友達、育児で知り合った方々に、育児を聞いたほうが本を買って学ぶより、実体験での経験や知識は豊富です。

なによりも、現在社会にマッチしています。

 

今回のポイント!

育児父親本

 

実際に私が自分の人生の中で、役に立ったと感じる育児に関する教育は、会社の仲間でした。

自分の家族環境に近い方に相談すること。

・同じような仕事をしている。

・同じような収入を持つ。

・同じような年の子の子育てをしている。

 

もし、保育園、幼稚園に通園されているなら、通園先の先生に聞くのも良いのでないでしょうか。

先生は、お子さんの性格や行動などをよく知っているので、具体的なアドバイスをしてくれるはずです。

 

管理人コニー宅では

育児父親本

 

当サイトの管理人コニーは、本を買ったこともなければ、立ち読みですら読んだことがありません。

そもそも、育児に正解はあるのでしょうか?

何が正解で、何が不正解なのか?

子供が生まれた時には、本で育児や子供に関することを勉強しようと、いわば半強制的に読まなければと思っていた時期がありました。

しかし、子供を育てながら分かったことは、子供はその時々や成長と共に要求してくる事が違うということです。

それから、わかったことは育児で大切なのは柔軟な対応力でした。

 

このページでご紹介したかった内容は以上となります。

最後までページをご覧いただきまして、ありがとうございました。

インフィールド広告



-子育て実践記