子育て実践記

父親の育児時間に目安なんて無駄!

2019/03/06

 

父親として育児に関われる時間が少ないと思っている。

もっと子供と触れ合う時間を作りたい。

自分より育児をする時間が少ない人もいるはず。

 

 

周りの人は一体どうしているのだろうか?

子供の親になり、育児に関わる事になった人生があっても、目の前にはやるべき事として仕事という壁がある。

どう頑張っても、通勤に1時間半以上を要するという生活環境の中で、子供を持ち仕事をしている方も珍しくない。

では、実際に父親の育児時間というのは、本来どう考えておくべきなのでしょうか?

 

父親の育児での様々な悩みについても、ご紹介しています。

あなたの気になる情報があれば、あわせて御覧ください。

育児里帰り父親

育児で里帰り父親はこれだけやれば大丈夫!

父親育児嫌い

父親が育児で嫌いになるポイントはこれ!

父親育児残業

父親は育児と残業どちらを優先するべきか?子育て3年目の体験談

育児父親イライラ

育児は父親をイライラさせる理由と対処法を公開!

父親育児おもちゃ

父親は育児でおもちゃを買うな?理由を聞いて納得!

育児父親スマホ

育児で父親がスマホを使って子供と遊ぶのは問題あり!

父親育児しつけ

父親は育児のしつけに責務が伴う!2児体験談

育児父親転職

育児で父親は転職するべきか否か?

 

育児での時間や休日の使い方についても、ご紹介しています。

育児父親自分の時間

育児をする父親は自分の時間がない!40代も休日は自由に過ごしたい

父親も育児がしたいが時間がない実情も知ってほしい!

育児と父親の遅い帰宅には関係性があるフラリーマン(子育て実践記)

育児を父親が平日できるのか?(2歳児実践記)

育児で父親は休日何をする?(40代実践記)

父親の土日は育児で終わる?休みぐらい自由に過ごしたい!

父親が家事や育児に時間を確保できない理由を統計をもとに紹介!

 

父親の育児での様々な悩みについても、ご紹介しています。

父親育児後悔

父親が育児で後悔しない子育て方法|40代育児体験記

父親でも育児でなぜ自覚の違いがでるのか? 40代子育て体験談

父親が育児で相談するなら迷わずココ!2児子育て体験談

育児での父親の役割は何か?パパが子育てをするメリットを公開

育児で父親がめんどくさいと思う時はどんなときか?

父親は育児ができない?それとも参加する気がないのか

父親の育児でハラスメントが起きている?パタハラ対処法を公開

育児で父親の割合は必要なのか?ムリなく参加する方法を教えます

父親の育児での愚痴を聞いてください

育児父親関わり方

父親に育児の関わり方を教えれば子育てに参加する?

育児で父親がうつ病にならない対処法!2児の子育て体験記

父親が育児に参加しない理由を大公開!2児の子育て体験記

育児で疲れた父親たちの愚痴や悩みを聞いてよ!

育児で父親は悩みを抱えている事を知っていますか?40代子育て体験談

乳児の育児は父親を幸せにしてくれる!喜びを感じよう

育児と父親の趣味どちらを優先しますか?子供がいても遊びたい!

父親が育児と家事を実際にやってみた|ポイントはこれ!2児体験談

育児父親心構え

育児は父親の心構えで決まる!2児の子育て実践記

子供は父親を育児で成長させてくれる?2児の子育て実践記

育児で父親があるあると思うネタを紹介します!2児子育て体験記

育児で父親が支援してもらいたいことはコレ!2児子育て体験談

新生児のために父親が育児で出来ることを教えます!2児子育て実践記

父親が育児に無関心の典型例はこれだ!

育児を父親が限界までやると見えてくるものがある!

父親は育児を比較しても不安が募るのでやめるべきだ?

育児で父親はサポート役に徹するべき理由|実践記

父親は育児の難しさを母親と子供から教わろう!気楽に楽しく子育て

育児に父親が参加とダメ出しは違う?

育児で父親ができることと、やるべきことは違う!2歳児体験記

育児父親いらない

育児に父親はいらないと言える母の強さ

育児で父親と母親の違いが出るのはなぜ?考えの違い

父親の育児に口出しする時の伝え方|1児のパパのつぶやき聞いて

育児を父親は本で学ぶべき?40代のつぶやき

父親が育児で食事を子供に食べさせるポイントはこれ!2歳児体験談

父親の育児はオムツ交換から?40代実践記

父親が育児しないのは非常識?仕事疲れは通用しない?

父親が育児で叱るタイミングはいつか?(2歳児実践記)

父親は育児と仕事を両立できるのか?40代の葛藤を実話で大公開

父親育児学級

父親は育児学級に行くべきか?1児パパ体験記

育児でお風呂は父親?いつから母へ?(子育て実践記)

育児で父親の疎外感の原因と対策法40代体験記

父親の育児はどこまで参加?40代実践記

父親の育児協力は何をする?2歳子育て実践記

自転車保険に未加入は危険!子供と家族そして自分を守ろう

オムツのサンプル品を無料で入手する方法を大公開!

乳児用液体ミルクが解禁された!日本で販売されている?購入先を公開

体温計のテルモとオムロンを比較してみた!レビューが大事育児体験談

 

育児での夫婦関係や妻についても、ご紹介しています。

父親育児妻

父親は育児で妻にコレをして上げると喜ぶ!

父親の育児に不満を持つ妻への対策!パパの目線で大公開

育児で父親が共働きのとき妻とのトラブル注意点(2歳児実践記)

専業主婦は父親の育児に怒っている!

父親の育児放棄は妻が決める?離婚も考える女性の悩み

父親の育児はつらいと妻に教えたい!40代子育て体験記

育児で父親が使えないと妻から思われている理由!夫は存在価値ナシ?

育児をする父親の大変さを妻にも知ってほしい!40代子育て体験記

父親の育児での発言に妻はイライラしている?

育児を父親が体験した失敗談や感想を公開!妻のワンオペ苦労を味わう

産後父親育児

産後に父親が育児でやるべきことは妻への精神的なサポート!

育児で父親もストレスが溜まることを妻にも知ってほしい!

育児を父親に自覚させるには妻の行動次第で夫が動く方法を大公開!

育児と父親の飲み会に奥さんは怒り心頭!母親の本音を公開

父親が育児でサポートするのは子供より母親?奥さんの本音を聞いた

父親が育児に積極的に参加するかは奥さん次第?

育児を父親がいいとこ取りをすると奥さんに怒られる?

育児を父親は手伝いと発言するのは夫婦喧嘩のもと

父親は育児をすると夫婦関係が悪くなる?産後クライシスを良好にする

育児を父親不在でワンオペしている母親の不満を知っていますか?

 

育児での夜泣きや寝不足についても、ご紹介しています。

育児父親夜泣き

育児で父親が夜泣きで苦労しない安眠方法を公開!

育児で父親が寝不足にならないポイント体験談

育児で父親でも寝かしつけが簡単にできる方法(子育て実践記)

赤ちゃんも新生児も寝かしつける!簡単に誰でもできる方法を大公開

 

3歳児の子育てについても、ご紹介しています。

3歳育児父親

3歳まで育児をした父親の感想と失敗談!

3歳児が父親を叩く理由と対処法を紹介!40代育児体験談

3歳児の叱り方で父親の悩みと役割を解説!40代育児体験談

父親に3歳児の接し方のポイントを紹介!40代育児実践記

3歳から父親を嫌いになる理由と対処法を公開!40代育児実践記

父親になつかない3歳の子供は親が悪い?40代育児体験記

3歳児と父親が遊びで困らない対処法!40代育児体験記

三歳児検診に父親が子供を連れて行く!体験談と感想を公開

娘の育児で父親の役割と悩んだことを大公開!

父親の育児とは?実践記

 

私のサイトは、育児を実際に自分で体験し実践から感じる、子育てという人生で多くの方が体験する、悩みについてご紹介しています。

 

父親の育児時間に目安なんて無駄!について、このページをご覧いただき、ありがとうございます。

 

サイト管理人のコニーと申します。

 

この記事では、父親の育児時間に目安を持つ事が無駄と考える私の考え方を、実践しているからこそ伝えたい目線で、以下のような項目からご紹介しています。

 

父親の育児時間に目安を作る効果!

父親の育児時間はなぜないのか?

父親の育児時間で大切なこと

 

自分に何が出来るのだろう?

今、子供の親として自分は家庭以外に、立場も居場所も無いのではないだろうか?

こんな孤独感を感じている方も、珍しくない現代社会だからこそ、考え方は大切になると思います。

 

父親の育児時間に目安を作る効果!

父親育児時間

 

育児の関わりに、目標や目安を作る価値について、自分の体験をご紹介していきます。

目標があると、頑張れるという方にも、現実に起こる可能性の1つとして、ご覧頂けたらと思います。

 

父親の育児時間に目標は無意味である現実

父親の育児時間

 

日常生活の大半が、仕事で家にいないのが本来の父親。

仕事から帰ってきて、子供の相手をしたいと思うのに、いつも見るのは「寝顔」だけ。

 

朝の挨拶や、ちょっとした会話だけ。

この程度が、限界になっている人も多い。

 

そんな状況を見かね、目標を掲げて実際に行動に移そうとする。

この行動の達成を親自身が出来ていても、子供の気持ちはどうでしょうか?

実際に子育てをしていると、子供は父親ではなく、母親を求めるタイミングは圧倒的に多いのが現実。

こちらが、かまってあげたいと思っている時に子供は拒否する。

こんなシーンは、当たり前に存在しているのです。

 

こうなると、いくら父親が自分の都合を調整していても、主役である子供の気持ちは未知。

夫婦の間ですら「すれ違い」なんて言葉があるが、子供とも同様に暗闇の中を大人がさまよっている感覚。

だからこそ、子供に対して、時間を作ろうとする努力は、なかなか難しいというのが、私の体験から感じたことです。

 

父親の育児時間はなぜないのか?

父親育児時間

 

子育てをする男性をイクメンと呼んだり、厚生労働省はイクメンプロジェクトを発足して、男性も子育てに参加することを促している。

世間では男性も子育てや家事をすることが当たり前のように、テレビやネットでは報道されている。

自分を育ててくれた親の時代に比べれば、現在では男性が子育てや家事をする環境が整っている。

 

でも、実際の家庭では、父親の仕事があるに日に子供と、なぜすれ違いが起き、子供の寝顔しか見られないのか?

子供との、すれ違いとなる原因が、どこにあるのかについて、これからご紹介します。

 

父親の育児時間がないのは仕事が原因

父親育児時間

 

6歳未満の子供がいる夫婦が、1日に家事と育児に、どの位の時間を費やしているかご存知ですか?

 

パパが1日に育児・家事に費やした関連時間は1時間23分(うち、育児時間49分)

一方でママが1日に育児・家事に費やした関連時間は7時間34分(うち、育児時間3時間45分)

 

6歳未満の子供がいる夫婦の1日の家事・育児時間ではこれほど違いがあります。

ママはパパの6倍近くも家事や育児をしていることがわかります。

この結果を子育てしている女性が見たら、不満も言いたくもなるはず。

 

では、父親はなぜ1日に1時間23分しか、育児・家事に関わることが出来ないのでしょうか?

子育て世代の30代40代の1週間の労働時間は60時間以上の長時間労働との結果が出ています。

子育て世代の30代40代は会社の中でも、働き盛りのため、残業を伴う長時間労働になりがちです。

この労働時間に、自宅から会社までの通勤時間の往復2時間をプラスすると、1日のうち14時間は会社のために時間を費やしていることがわかります。

仮に朝7時に家を出発して、会社で仕事をして帰宅するころには14時間後の21時台です。

 

父親の育児時間は帰宅と関係している

父親育児時間

 

一方で自分のお子さんが何時ごろに寝ているかご存知ですか?

幼児である2歳児の就寝時間で、最も多いのが21時台で約50%近くを占めています。(厚生労働省 第3回21世紀出生児縦断調査(平成22年出生児))

父親が21時台に帰宅する頃には、子供は寝ている状態で、子供の世話をすることはできません。

 

子供が起きている時間に育児に関わろうとするなら、遅くても20時台に帰宅しないと無理なのです。

しかし、20時台に帰宅しても、子供は寝る準備や寝かしつけている最中かもしれません。

仕事がある日に、起きている子供の顔を見ることすら難しい現状に、父親はジレンマを感じている。

 

父親の育児時間で大切なこと

父親の育児時間

 

実際に私が2歳になる我が子を相手に奮闘している中で、大切にしている時間と子育てという考え方を、ご紹介していきます。

子供の父親として何ができるのか?

この考え方や捉え方で御覧ください。

 

父親の育児時間は子供の反応が基準

父親育児時間

 

休みの日に、一日付き合っても子供が喜ぶかどうかは、ほぼ難しい日が多いのが現実。

大事なのは、子供と接する内容の密度が、非常に大切だとつくづく感じます。

この2つのわずかな時間に、子供の好きなように付き合う。

 

・子供が父親相手に泣くとき。

・子供が父親に相手をしてほしいと求めるとき。

 

たったこれだけでも、存在感に対する安心感は芽生えてくる。

 

育児に迷いがある親は、どうしても自分が主体になっているケースが多い。

疲れている。

だるい。

今は休みたい。

 

この感覚があるのも当たり前の話。

 

しかし、「子供にも今の気持ちがある」

今遊んで欲しい。

今、あなたに関心が向いている。

そんな時に、疲れている、だるい、今は休みたい・・・

この瞬間、子供の気持ちは無視されている。

 

こうしたすれ違いを、父親側が努力をしなければ、子供は相手をしてくれない大人という感覚しか育たない。

結果、自分になつくという事はなくなっていく。

 

大人はみんな身勝手だ!

子供からみたら、親は大人の代表。

だからこそ、大人を頼って良いのだと言う感覚を、しっかり養う為にも、基本は子供の求める時間が、父親が育児に参加できるチャンス。

こんな感覚をまずは、持ってみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

父親育児時間

 

仕事が終わり家に帰宅すると、子供は寝ていて、寝顔しか見られないパパは多いのではないでしょうか?

できたら子供が起きている時に家に帰りたいことを望むはずです。

なかなか、子供と顔を合わすことが出来ず、すれ違いの毎日。

目標時間を設けても、その通りにはなりません。

仕事で疲れている中、子供を相手にするのはめんどう、だるい、今は休みたいこともあります。

限られた時間に、如何に子供の要望に迅速に対応できるか。

少し仕事と似ているかもしれませんが、その場に応じた対応力が求められます。

 

今回のポイント!

父親育児時間

 

子供と接する時が少ない中で、密度を重視した接し方を大切にする。

子供が父親を求め相手にしてほしい時や、泣いている時。

 

子供は気分次第なので、父親がかまって上げられる時と、子供が父親を求めるタイミングが一致するとも限りません。

タイミングが合わなくても、子供が求めてきたら、父親が臨機応変に子供へ対応することで、子供と接する時間が出来ます。

たったこれだけで、存在感に対する安心感は芽生えます。

 

管理人コニー宅では

父親育児時間

 

当サイトの管理人コニー宅は、子供に時間を支配されています。

支配されていると言うか、子供の生活に大人が合わせている。

子供を中心として生活が始まります。

親が食事や寝るタイミングをコントロールしないといけません。

子供は、その時によって母親と父親を使い分けているようです。

我が子の中では恐らく、管理人コニーは、遊んでくれる人であり、ママに怒られ時や泣いたときに、救いを求める存在のようです。

妻や子供から「イケメンパパ」としては、まだ認められていないようです。

 

このページでご紹介したかった内容は以上となります。

最後までページをご覧いただきまして、ありがとうございました。

インフィールド広告



-子育て実践記