子育て実践記

育児で父親は転職するべきか否か?

2019/02/06

 

育児と仕事の両立ができないので転職するか迷っている。

仕事が忙しくて家族と一緒に過ごす時間がないので転職を考えている。

転職をしたいけど家族もいるので現職に留まるしかないと思っている。

 

 

仕事と育児を両立したいけど、仕事が忙しく育児をする時間がない。

今の仕事を辞めて転職すれば、子育てもできるし家族と一緒に過ごせる時間も増えると考えている父親も多いのではないでしょうか?

現職での部署異動も難しく、将来は子供にお金もかかるので給料が高い会社に移るか悩んでいる。

 

父親の育児での様々な悩みについても、ご紹介しています。

あなたの気になる情報があれば、あわせて御覧ください。

育児里帰り父親

育児で里帰り父親はこれだけやれば大丈夫!

父親育児嫌い

父親が育児で嫌いになるポイントはこれ!

父親育児残業

父親は育児と残業どちらを優先するべきか?子育て3年目の体験談

育児父親イライラ

育児は父親をイライラさせる理由と対処法を公開!

父親育児おもちゃ

父親は育児でおもちゃを買うな?理由を聞いて納得!

育児父親スマホ

育児で父親がスマホを使って子供と遊ぶのは問題あり!

父親育児しつけ

父親は育児のしつけに責務が伴う!2児体験談

父親育児後悔

 

父親が育児で後悔しない子育て方法|40代育児体験記

父親でも育児でなぜ自覚の違いがでるのか? 40代子育て体験談

父親が育児で相談するなら迷わずココ!2児子育て体験談

育児での父親の役割は何か?パパが子育てをするメリットを公開

育児で父親がめんどくさいと思う時はどんなときか?

父親は育児ができない?それとも参加する気がないのか

父親の育児でハラスメントが起きている?パタハラ対処法を公開

育児で父親の割合は必要なのか?ムリなく参加する方法を教えます

父親の育児での愚痴を聞いてください

育児父親関わり方

父親に育児の関わり方を教えれば子育てに参加する?

育児で父親がうつ病にならない対処法!2児の子育て体験記

父親が育児に参加しない理由を大公開!2児の子育て体験記

育児で疲れた父親たちの愚痴や悩みを聞いてよ!

育児で父親は悩みを抱えている事を知っていますか?40代子育て体験談

乳児の育児は父親を幸せにしてくれる!喜びを感じよう

育児と父親の趣味どちらを優先しますか?子供がいても遊びたい!

父親が育児と家事を実際にやってみた|ポイントはこれ!2児体験談

育児父親心構え

育児は父親の心構えで決まる!2児の子育て実践記

子供は父親を育児で成長させてくれる?2児の子育て実践記

育児で父親があるあると思うネタを紹介します!2児子育て体験記

育児で父親が支援してもらいたいことはコレ!2児子育て体験談

新生児のために父親が育児で出来ることを教えます!2児子育て実践記

父親が育児に無関心の典型例はこれだ!

育児を父親が限界までやると見えてくるものがある!

父親は育児を比較しても不安が募るのでやめるべきだ?

育児で父親はサポート役に徹するべき理由|実践記

父親は育児の難しさを母親と子供から教わろう!気楽に楽しく子育て

育児に父親が参加とダメ出しは違う?

育児で父親ができることと、やるべきことは違う!2歳児体験記

育児父親いらない

育児に父親はいらないと言える母の強さ

育児で父親と母親の違いが出るのはなぜ?考えの違い

父親の育児に口出しする時の伝え方|1児のパパのつぶやき聞いて

育児を父親は本で学ぶべき?40代のつぶやき

父親が育児で食事を子供に食べさせるポイントはこれ!2歳児体験談

父親の育児はオムツ交換から?40代実践記

父親が育児しないのは非常識?仕事疲れは通用しない?

父親が育児で叱るタイミングはいつか?(2歳児実践記)

父親は育児と仕事を両立できるのか?40代の葛藤を実話で大公開

父親育児学級

父親は育児学級に行くべきか?1児パパ体験記

育児でお風呂は父親?いつから母へ?(子育て実践記)

育児で父親の疎外感の原因と対策法40代体験記

父親の育児はどこまで参加?40代実践記

父親の育児協力は何をする?2歳子育て実践記

オムツのサンプル品を無料で入手する方法を大公開!

乳児用液体ミルクが解禁された!日本で販売されている?購入先を公開

体温計のテルモとオムロンを比較してみた!レビューが大事育児体験談

 

育児での夫婦関係や妻についても、ご紹介しています。

父親育児妻

父親は育児で妻にコレをして上げると喜ぶ!

父親の育児に不満を持つ妻への対策!パパの目線で大公開

育児で父親が共働きのとき妻とのトラブル注意点(2歳児実践記)

専業主婦は父親の育児に怒っている!

父親の育児放棄は妻が決める?離婚も考える女性の悩み

父親の育児はつらいと妻に教えたい!40代子育て体験記

育児で父親が使えないと妻から思われている理由!夫は存在価値ナシ?

育児をする父親の大変さを妻にも知ってほしい!40代子育て体験記

父親の育児での発言に妻はイライラしている?

育児を父親が体験した失敗談や感想を公開!妻のワンオペ苦労を味わう

産後父親育児

産後に父親が育児でやるべきことは妻への精神的なサポート!

育児で父親もストレスが溜まることを妻にも知ってほしい!

育児を父親に自覚させるには妻の行動次第で夫が動く方法を大公開!

育児と父親の飲み会に奥さんは怒り心頭!母親の本音を公開

父親が育児でサポートするのは子供より母親?奥さんの本音を聞いた

父親が育児に積極的に参加するかは奥さん次第?

育児を父親がいいとこ取りをすると奥さんに怒られる?

育児を父親は手伝いと発言するのは夫婦喧嘩のもと

父親は育児をすると夫婦関係が悪くなる?産後クライシスを良好にする

育児を父親不在でワンオペしている母親の不満を知っていますか?

 

育児での時間や休日の使い方についても、ご紹介しています。

育児父親自分の時間

育児をする父親は自分の時間がない!40代も休日は自由に過ごしたい

父親も育児がしたいが時間がない実情も知ってほしい!

育児と父親の遅い帰宅には関係性があるフラリーマン(子育て実践記)

父親の育児時間に目安なんて無駄!

育児を父親が平日できるのか?(2歳児実践記)

育児で父親は休日何をする?(40代実践記)

父親の土日は育児で終わる?休みぐらい自由に過ごしたい!

父親が家事や育児に時間を確保できない理由を統計をもとに紹介!

 

育児での夜泣きや寝不足についても、ご紹介しています。

育児父親夜泣き

育児で父親が夜泣きで苦労しない安眠方法を公開!

育児で父親が寝不足にならないポイント体験談

育児で父親でも寝かしつけが簡単にできる方法(子育て実践記)

赤ちゃんも新生児も寝かしつける!簡単に誰でもできる方法を大公開

 

3歳児の子育てについても、ご紹介しています。

3歳育児父親

3歳まで育児をした父親の感想と失敗談!

3歳児が父親を叩く理由と対処法を紹介!40代育児体験談

3歳児の叱り方で父親の悩みと役割を解説!40代育児体験談

父親に3歳児の接し方のポイントを紹介!40代育児実践記

3歳から父親を嫌いになる理由と対処法を公開!40代育児実践記

父親になつかない3歳の子供は親が悪い?40代育児体験記

3歳児と父親が遊びで困らない対処法!40代育児体験記

三歳児検診に父親が子供を連れて行く!体験談と感想を公開

娘の育児で父親の役割と悩んだことを大公開!

父親の育児とは?実践記

 

私のサイトは、多くの方が苦労や悩み不安になり子育てをしているなか、自身の育児体験談をもとにご紹介しています。

 

育児で父親は転職するべきか否か?について、このページをご覧いただき、ありがとうございます。

 

サイト管理人のコニーと申します。

 

この記事では、育児のため家族と一緒に過ごす時間を増やすために転職をするべきか否か?について、以下のような項目でご紹介しています。

 

育児で父親は転職するのか?

育児で父親が転職するなら労働時間に気をつけよう

育児で父親が転職するには理由が大事! 

 

あくまでも私の育児経験に基づく主観ですが、リアルな声を聞きたいという方は参考にしてください。

 

育児で父親は転職するのか?

育児父親転職

 

今日も仕事が忙しく残業を終えて帰宅する父親。

新聞やインターネット、ニュースでも取り上げている「働き方改革」は、いつになったら自分の会社や自分にも該当するのだろうか?

現実は子育てをする時間どころか、子供と接する時間もない。

 

いつも家に帰ると子供の寝顔を見るだけ。

子供はどんどん成長しているのに、子供と関われる時間が取れない。

子育てをする時間や子供と接する時間、そして家族と一緒にいられる時間を増やしたい。

今の仕事を辞めて、転職を考えている父親は多いのではないでしょうか?

 

育児で転職をなぜ父親は考えるのか?

育児父親転職

 

子供が生まれて家族が出来たが、仕事が忙しくて父親として家族サービスする時間もない。

育児と仕事の両立を考えると、今の職場では難しいと思っている。

両立させるには、転職を考えている父親も多いのではないでしょうか?

 

 

父親が転職を考える理由

・遅くまで残業をして家に帰ると、子供の寝顔しか見られないし育児にも参加できない。

・残業時間も多く、休日も仕事で育児や家族サービスが出来ない。

・子供の行事(運動会、お遊戯会など)に参加できない。

・仕事が夜勤で、昼間は寝ているため、昼と夜の時間が子供たちと逆転している。

 

 

これ以外にも、父親が転職を考える理由はあります。

仕事を優先するべきか、家族を優先するべきか、父親になると悩むはずです。

悩むその選択肢のひとつに転職がある。

貴方は、現職に留まるか、転職するかどうしますか?

 

育児で父親が転職するなら労働時間に気をつけよう

育児父親転職

 

子供が生まれ仕事と子育ての両立目指す父親は多い。

しかし、色々な理由により子育てに参加することが困難な状態に葛藤するはずです。

理由は様々あるが、多くの父親が子育てをする時間が確保できないことを理由に転職をする。

どうして、父親は子育てをする時間がないかを、これからご紹介します。

 

育児で父親が転職するのには労働時間の長さが関係している

育児父親転職

 

ベネッセ教育総合研究所の調査結果によると、父親の帰宅時間の4割は19時台~20時台との結果になっています。

22時以降に帰宅する父親は約20%との調査結果となっている。

一方で幼児である2歳児の就寝時間で、最も多いのが21時台で約50%近くを占めています。(厚生労働省 第3回21世紀出生児縦断調査(平成22年出生児))

この2つの結果から、2割の父親は子供が起きている時間に帰宅ができず、子育てに参加できないことがわかります。

父親は遅くても子供が寝る前の20時台に帰宅しなければ子供の育児に参加できません。

 

 

内閣府の調査によると、30代、40代の子育てを行う世代は、会社で働き盛りとなり、1週間の労働時間は60時間以上の長時間労働との結果が出ています。

子育て世代である男性の1週間の労働時間は、60時間以上の就業が30代で15.0%、40代で15.4%と、他の年齢層と比べて高い水準となっている。

この労働時間に自宅から会社までの通勤時間の往復2時間をプラスすると、1日のうち14時間は会社のために時間を費やしていることがわかる。

仮に朝7時に家を出発して、会社で仕事をして帰宅するのは、14時間後の21時台になります。

 

 

子供が布団に入り就寝し始めたころに父親は帰宅するので、子育てに参加したくてもできない。

この様な労働時間の長さが、子育て世代をする父親が転職する背景にはあります。

 

育児で父親が転職するには理由が大事!

 

妻と結婚して子供を養う身である父親が転職を考える。

独身時代の様にひとり身ではない状態で家族もいる。

家族を養っているので、無職になり無収入になるはけには行かない。

 

夫の勇気や決断も必要だが、まずは妻へ相談して理解を得ることが最も大事です。

 

現在の仕事をしながら、転職先である新たな会社を探す。

果たして成功させるには、どうすれば良いのかを、次にご紹介します。

 

育児で父親が転職する大変さを知っていますか?

育児父親転職

 

妻の理解を得て、いざ転職活動をスタートさせる。

 

独身時代に転職活動をしたことがある方なら、その大変さを知っている。

だが、学校を卒業して今の会社に入社して、家族を持ち初めての転職をするなら覚悟が必要だ。

 

転職するのにあたり何を重要視するか?

給料は前職より下がっても、残業がなるべく無いことを優先するのか。

それとも、平日は残業が多くても、休みの日が確実にあることを優先するのか。

家族で過ごす時間を増やしたいのに、深夜残業に休日出勤する職場なら本末転倒になる。

会社を移るのに絶対譲れない条件と、譲れる条件を決めておこう。

この自分の中の条件がブレていると転職がしずらい。

 

 

自身の年齢や職種により、活動に有する期間も異なる。

例えば、現職の仕事内容と同様の仕事なら探しやすいが、違う仕事内容となると未経験となるので、求人を募集している会社を見つけるのも大変になる。

 

 

転職するための、求人募集にも色々な方法がある。

・新聞や折り込み広告を利用する。

・お住まいの近くの、ハローワークを利用する。

・インターネットの求人サイトを利用する。

・人材紹介サービスを利用する。

 

ハローワークの求人は地域密着なので、自宅から通いやすい会社を紹介してくれる。

 

 

おススメは人材紹介サービス。

求人者である貴方にアドバイザーが付き、様々な情報を提供してくれたりアドバイスを直接してくれます。

自身の条件をアドバイザーに話すことが出来る。

自身の市場価値や客観的なアドバイスを受けながら活動することができます。

アドバイザーが面接の仕方や書類の添削もしてくれ、先方の会社とアポイントを取り面談の日程などを設定してくれる。

もし、アドバイザーと上手くいかないようなら、他のアドバイザーに変えることもできる。

現職をしながら、転職先との面談の日程調整などは手間が掛かるが、アドバイザーが全て調整をしてくれるので楽です。

人材紹介サービスを使用する前に、事前に自身の今までの職務経歴を作成しときましょう。

アドバイザーに会った際に、職務経歴書を書面で渡し、口頭で内容を説明すると、どんな仕事をしていのかアドバイザーに理解してもらいやすいです。

 

転職の先に父親が理想とする育児が待っている

育児父親転職

 

転職活動は時間(期間)、体力や精神的にも想像以上に疲れる。

ある程度、活動期間を決めたほうが良いです。

会社に面談に行くのにも時間やお金がかかります。

それに、現職の職場には転職活動している事を知られてはいけません。

 

 

上場企業から中堅企業や中小企業に転職するのは条件が整えば比較的しやすいと言われている。

上場企業から小さな格下の企業に移ることを、都落ち(みやこおち)なんて言ったりする人もいるようだ。

逆に中堅企業や中小企業から上場企業への転職は難しい。

この辺、会社の規模を気にする奥さんもいるので、注意が必要になります。

 

 

いざ、転職が完了して会社にも馴染み始めたら、子育てに参加する。

家族との時間も増えることなので、念願の子育てや家族サービスができる。

子育てやや家族サービスを怠ると、何のために転職をしたのか分らなくなる。

家族との時間を増やし楽しい時を過ごしてして下さい。

転職活動が上手く行くことを願っています。

 

まとめ

育児父親転職

 

毎日、仕事が忙しく残業が多い職場や、休みの日もなく働く職場。

育児と仕事を両立させたい、家族と過ごす時間を増やしたい。

 

今の職場を辞めて転職を考える父親。

今の職場で育児と仕事の両立を目指すか、それとも会社を移り転職先で目指すか?

現職に留まるのも、転職するのも勇気が必要です。

家族にも影響しますので、何を重要視するかを良く考えてから行動しましょう。

 

今回のポイント!

育児父親転職

 

なぜ転職をするのか理由をしっかり自分で考えてから行動しよう。

曖昧な理由での転職は、また同じように転職を繰り返すことになりかねない。

 

自分の決意が決まったら、妻へ相談して理解を得ることが最も大事です。

 

転職活動は体力的にも精神的にも疲れます。

活動をしたけど思うように会社が決まらず、または活動に疲れ現職に留まる事もあります。

短期決戦で会社が決まればいいのですが、長期戦になる場合もあるので、期間を決めて活動しましょう。

 

管理人コニー宅では

育児父親転職

 

当サイトの管理人コニーは、独身時代の30歳以上の時に転職活動をして、今の会社に勤めています。

前職の仕事はしたくないこともあり、職を変えて活動をしたので、今の職場が決まるまで半年ぐらい掛かりました。

たまたま、運なのかタイミングが良かったのか、前職より規模が大きい会社に勤めること出来ました。

転職することが、これほど疲れるとは思いもしませんでした。

 

このページでご紹介したかった内容は以上となります。

最後までページをご覧いただきまして、ありがとうございました。

インフィールド広告



-子育て実践記